カフェ

初めてのワッフル屋の美味しさに感動した

私は昨年まで学生でした。
学生時代、大学の帰り道に友人とよく寄り道をして帰りました。
時間がある時にはカラオケなどへ行きますが、たいていはカフェに入っておしゃべりをしました。

散歩をしてかわいいカフェを探すこともあれば、インターネットで検索して行くこともありました。
散歩をして見つけたカフェの中で、とてもかわいらしいワッフルのカフェがありました。

しかし、見つけた日には行列であったため、入るのをあきらめました。
そして、友人とそのお店をインターネットで調べてみたところ、その大学の最寄駅ではとても有名なカフェだったのです。
なんとしてでも行きたいと思いましたが、そのカフェを見つけたのが大学3年生の時であり、すぐに忙しい時期に入ってしまいました。

たまに時間ができて行ってみても、必ず行列ができているのです。
行きたいけれど行くことができずに、卒業してしまいました。

そして卒業してから約一年が経ち、昨日久しぶりに大学の友人と会いました。
久しぶりにあったため、せっかくだから大学周辺に行ってみようということになり、行ってみました。
二人で並んで、念願のワッフルを食べることができました。

すると、少し並んではいたものの、十分時間的に入れる待ち時間でした。
二人で並んで、念願のワッフルを食べることができました。
ワッフル自体はもちろんとてもおいしかったのですが、食べたいと思っていた約二年分の気持ちが、ワッフルをよりおいしくさせているように感じました。”

わかめ

新物ワカメは腐っていたのか?

 今の季節、新物ワカメの季節なんでしょうか?
 どこのスーパーに行っても新物ワカメが売られています。
 通年、塩蔵ワカメや乾燥ワカメは売られていますが、東北で震災が起きて以来、日本産のワカメは
高くなったと感じています。
 私は頑固な便秘症で、ワカメを大量に食べるとそれなりに効果が感じられます。なので、ワカメを
常日頃から摂取したいのですが、値段を見ては躊躇してしまうのです。
 一方、韓国産や中国産のワカメなら半値以下で売られていますが、それを買う勇気もありません。

 そんな感じでいつも「ワカメを買いたいな」と思っていたので、新物ワカメを見た瞬間、衝動買いして
しまいました。
 値段が安かったからです。
 買って帰って直ぐに、4個の小さいタッパーに小分けして冷凍しました。「便秘が続くな」と思った時に
小分けで使おうと思ったからです。
 そしてその「便秘が続くな」と感じる日が来たので、1個のタッパーを解凍してお味噌汁に投入しようと
した瞬間、すっごい臭いがしました。下水溝のような臭いと言ったらいいでしょうか。
 でも、そのお味噌汁を作っている時、もの凄く急いでいたのです。「凄い臭い」と思った事には間違いは
無いのですが、何故かそのままお味噌汁に投入してしまいました。
 そして夕飯時、そのお味噌汁を温めてお椀に入れました。その時点で凄い臭いだったのですが、「まさか
腐っているはずはない」と思い、私は食べました。食べ続けました。
 でも、半分以上食べたところで、どうにもこうにも臭いに耐えられなくなり、子供が食べようとするのを
阻止しして、自分の残りのお味噌汁も捨てました。
 子供はワカメが大好物なので凄く残念がっていましたが、あの異臭物を食べさせるのは危険だと判断しました。
でも、「夜中に吐いたらどうしよう」「2、3日寝込んでしまったらどうしよう」と焦りましたが、結局
暫く異臭が鼻に残っただけで、元気ピンピンのままで済みました。
 次の朝、「現実をきちんんと見つめよう」と、残りのタッパーを少し解凍し開けてみたら、やはり全て
下水溝の臭いがプンプンしました。
 全部思いっきり捨てましたが、スーパーで浮き足立って購入した自分を思い出し虚しくなりました。

誕生ケーキ

誕生日に何が欲しいって言われても嬉しくない理由

そろそろ、誕生日がくる。「何か欲しいものある?」と聴かれても、いつも悩んじゃう。

だって、欲しいものは沢山ある。でもね、それらは全部自分で買えるんだもん。プレゼントは、「選んでくれる人の気持ち」をもらうものだとおもうんだよ。

それに、今の状況を見ていると純粋に「何が欲しい」とか言えない。わたしはいいから、あなたが何か買いなさいって思える。だから、プレゼントは何が欲しいか聞かれても答えられないよ。

わたしが、あなたにあげるプレゼント選びの最大のポイントは「何着たらいいかな」ってもうすり切れたシャツをきたり、私のデニムを履いたりするから本当はオシャレなものをプレゼントしたいけど、靴やかばんとかをプレゼントしているんだよ。

わたしだって、年齢にあったカバンや靴を欲しいけど、それを身につけて着飾っても隣でボロボロな感じのあなたといるのは、どう考えてもオカシイでしょ。

お酒飲んだりばかりしてお金使わないで、スーツ購入してり、お出かけする洋服購入してほしいな。

お出かけ用に買った靴を何でジムに行くのに履いているの?なんか、わたしの方が惨めな気持ちになる。だから、何が欲しいと聞かれても何にも言えない。だったらいくらまでなら大丈夫なのか教えてよ。

酔っ払った勢いで指輪を買ってもらっても、なんかあまりうれしくないよ。そういう気持ち、わたしのわがままなのかな。「ありがとう!」って買ってもらえばよかったのかな。ホントに悩む。お誕生日が来る日が毎年憂鬱になっている。

ilm02_bb01012-s

健康のために毎日の食卓に海藻を取り入れる

子どもの肥満や体重の増加による高血圧や他の疾患があると、健康診断で指摘されてから食事の材料には気をつけています。たとえば、一品一品を全部小鉢に分けてしまう。

生野菜ではなくて、根菜で食物繊維を摂るようにする。お肉料理は、野菜と炒めるようにする。キノコをたくさん食べるようにする。

そして、いまマイブームなのは「海藻」を必ず一品取り入れる。

海藻は、使ってみてわかったけど意外と種類が少ない。モズクやわかめ、茎わかめ、ヒジキ。これを毎回どんな調理法で食べるかが重要なテーマになっている。

個人的にはモズクの天ぷらが一押しなのだけど、どうしても天ぷらはカロリーが高いからね。モズク酢やお味噌汁かな。ヒジキは、ご飯に一緒に入れて炊いたり煮物にいれたり乾燥のモノから缶詰、生といろんな食感が楽しめる。

茎わかめは、初めてぐるぐると巻かれたわかめの茎を購入してみた。かなりずっしりした重さ。どうして、調理済みの方が、グラムの単価が安いのかわからない。それでも生のモノを買って茹でてみたのは、おもしろい体験だった。ねばねばした感じも、とても栄養がありそう。

ゆで時間が足りないのか、水の量が足りないのか少し海水のしょっぱさと、磯の香りが残ったけどコリコリする食感もよかった。

今度は、ぜひマグロのブツ切りと一緒に購入して食べたい。でも、この茎わかめが出回る時期は限られているので、早めにしよう。春わかめを茹でてポン酢で頂くのもなかなか乙な感じでした。意外と子どもたちに評判が良かったので、こちらもまたぜひ、食卓に並べたいかな。

ワンピース

夫に内緒で1万円のワンピースを買ってしまった

39歳の誕生日が来ました。今更誕生日と言ってもうれしい気持ちはなく、ケーキを食べるだけで済ませるつもりでしたが、夫が「何でも好きな物を買ってあげるよ。いつも我慢させているからね。」と優しい発言をして、自分のわずかな小遣いの中から、何か私にプレゼントをするつもりでいました。

とてもありがたい言葉ですが、私は先日財布を買ったばかりです。息子の参観日に着ていくためのワンピースも買いました。夫は私が普段我慢をしていると思い込んでいますが、欲しいものはその都度買っています。

夫は会社に着ていくワイシャツを2枚3500円の生地の薄い激安ワイシャツ2枚を洗濯して着まわしています。スーツは特売で2900円でした。

ズボン下も太ももに5センチくらいの穴が開いて、何年も履いているせいで太ももが透けるほどうすくなっていますが、「まだまだイケる。」と言ってはかせています。

さすがに申し訳なくなり、「欲しいものは何もないよ。私幸せだから。」と言うと、「謙虚でかわいいね。」と言って微笑んでいました。ますます気まずい感じです。私は謙虚でも何でもありません。

まさかワンピースが1万円近くしたなんてとても言えません。欲しいものはないと言いながら、ちゃっかり靴を買ってもらってしまいました。せっかく買ってくれると言ったのだからお言葉に甘えてしまいました。夫の愛情を感じつつ、罪悪感でいっぱいの私でした。私は夫と結婚できて本当に幸せです。

幼稚園

幼稚園に子供の発表会を見に行きました

子どもの幼稚園の発表会に出かけました。
年によって違いますが今年は、午後の開園なのですが、少し遠いので午前中から準備をして10:30には家を出ました。
集合時間は12:00だったのですが、途中でお昼ごはんを食べなくてはならないので、コンビニでサンドイッチやおにぎりを買って、駐車場で食べました。

会場には集合の30分前に着いたので子供のお手洗いを済ませ集合まで車で時間をつぶしました。

娘はお昼ご飯を食べて眠くなってきたようなのが少しきになりました。
集合時間には所定の場所に行き、娘と別れました。
娘の出番は中盤だったので、夫と観客席に行きました。
上の娘も同じ幼稚園だったので発表会はこれで5回目になります。
途中で娘の衣装を着せるために私だけ退席しました。
衣裳はとてもかわいらしくお姫様系でした。

曲によっては着ぐるみであったり着物を着たり、小道具にも傘や太鼓のばちなど色々あります。
一度幼稚園での説明会で衣裳を着せるリハーサルがあったので、スムーズに衣裳を着せることができて安心しました。
髪の毛にもすてきな飾りをつけてもらって子供達はうれしそうでした。
ダンスはとてもかわいらしく、途中で娘と目があいました。
緊張はしていたようなのですが、始終笑顔で踊ってくれました。
主人もしっかりと録画をしてくれました。
娘の成長をうれしく思う発表会となり無事終わってほっとしました。
来年もまたどんな成長をみせてもらえるのか、楽しみにしています。”